女性ゴルファーを長年レッスンしてきて、女性ゴルファーが上達するために必要なこと、
実際に上達した女性に共通するポイントをお伝えするコーナーです。

スポンサーリンク





素振りをしない人が多い

多くの上達の遅いゴルファーに言えることは、

素振りをしないことです。

素振りに関しては多くの方が勘違いをしているのですが、
素振りで大事なのはただクラブを振ればいいのではないということです。
目的のある素振りをしないと素振りをする意味がありません。

そこにはたくさんの目的がありますが今回お伝えするのは

非力な人ほど素振りでスイングを身に着ける

ということです。

女性にとっての一番の目的になります。
素振りをすることでスイングを安定させることはもちろん、スイングに必要な感覚と筋肉を鍛えることがで
きます。

正しいスイングを身に付ける素振り

その素振りの方法ですが、

1.ゆっくり振る素振り
2.連続で振る素振り

があります。

1.ゆっくり振る素振り

これはアドレスからトップ、フィニッシュまで毎回しっかり形を作る素振りをします。

アドレスで3秒静止
ゆっくりバックスイングしてトップで3秒静止
ゆっくりダウンスイングしてフィニッシュまで振り切り3秒静止

これを繰り返します。

2.連続で振る素振り

これは読んだ通りに連続で素振りします。
バックスイングを開始したらトップ、インパクトを通過してフィニッシュまで振り切り、
そのまま止まることなくクラブヘッドを戻してまたバックスイングを開始します。

スイング軌道をヘッドでなぞることを意識して行いましょう。
初めはゆっくりと振り、徐々にスピードを上げていきます。
無理にビュンビュンと振らなくてOKです。

イッチ、ニー、イッチ、ニー

という風にリズムよく振ることが大事です。
素振りをしていくうちにだんだんと、クラブの動きに合わせて体を動かす感覚が芽生えてきます。
他にも、

下半身を使って振る感覚
体幹を使って振る感覚

などが意識できるようになります。

継続することでスイングが安定する

その後、自然にスイングに必要な筋肉が鍛えられていきます。
素振りのとても大きな効果になります。

もちろん1回や2回では効果はありません。
1か月、2か月と繰り返していくうちに、いつの間にかスイングが安定してきます。
スイングが滑らかになってきた頃には、気持ちよいあたりが増えてきたり、スイングに切れが出てきて飛距離がアップしてきたりします。

継続は力なり、です。

これ、家の中でもできます。
クラブは持たずにシャドースイングでOKです。
鏡を見ながらクラブを持っているつもりで素振りしましょう。

こっそりとやってみてください。
全然やらないよりも格段に違いが出てきます。

ぜひお試しくださいね。

 

 

E3GOLFでは
女性が最短で100を切る方法をお伝えしてます

ゴルフの悩みや上達できない原因をすぐに解消して、
最短で上達するための練習プログラムを、あなた専用にご提案します!
まずはいますぐ確認してください!

画像をクリック!