ゴルフが上手くなる考え方=ゴルフ脳を育ててゴルフをレベルアップしていくコーナーです。

読むだけでゴルフが上手くなります

ゴルフのラウンドは良いスコアを出すことが一番の目標になります。

良いスコアを出すためにたくさん練習してラウンドに臨みます。
ラウンド数が少ない人や、それほど練習していない人でも、その日のラウンドで良いスコアを期待しますよね。

でもなかなか良いスコアは出ませんよね。
「たくさん練習してきたのになんでだよ〜」と思う人もいるでしょう。

スポンサーリンク





コースでの経験がスコアにつながる

なぜスコアが出ないかというと、
コースで経験を積まないとできない事がたくさんあるからです。
コースで必要なショットには練習場で練習できないことがたくさんあります。

一番経験が必要なのはバンカーでしょう。
バンカーはなかなか練習ができないのでコースで経験するしかありません。
コースで何回もバンカーショットを打たないと成功の方法はわからないでしょう。

そのようなショットが他にもたくさんあります。
ですのでラウンド数の少ない人が、1回のラウンドで良いスコアを出すことはとても難しくなります。

もちろんたくさんの年数を重ねていけばそれだけ経験も増えていきますので、スコアも出せるようになるかもしれません。
それもラウンドで得た経験を生かしていればの話です。
普通はプレーしたことをすぐに忘れてしまうので、スコアを出せないまま年数が過ぎていきます。

ラウンド中に練習する

では少ないラウンドでもスコアを出すにはどうしたらいいかというと、
ラウンド中に練習することです。

経験が少ないのにラウンド中にスコアのことばかりに意識が行くと、「上手く打たなければ」という気持ちから、ただ当てるだけのスイングをしたり、せっかくフェアウェイの良いポジションから打てるのに、自分にはまだ打てないと思ってフェアウェイウッドやユーティリティを使わずに7番アイアンばかりで打ったりします。
これではいつまでたっても上手くなるための経験ができません。

これを変えていくには、ラウンド中は
スイングを正しくおこなうこと、状況にあったクラブ選択をすること、コースで練習する(経験する)という意識を持ってプレーするのを心がけてください。

失敗してもやり続ける

できなくてもやってみることはとても重要なことです。
フェアウェイウッドに自信がなくてもコースで打たないと経験になりません。
失敗したら次で挽回すればいいし、
その失敗が経験につながることをしっかりと心がけておきましょう。

やったことがないこともやり続けることで練習になり、その経験が最短に上達させてくれます
コースでの経験は早くたくさんするほどスコアに結びつきますので、少ないラウンドでもスコアばかり意識せず、
なんでもやってみる、ということを意識してくださいね!

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

友だち追加していただいた方には
私の本

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!!