90台では回れるようになったが
90台前半や80台がなかなか出せない人に
90を切るための考え方やラウンド方法、練習方法をお伝えしていきます。

ゴルフで90を切るために必要なこと  目次

 

ゴルフで90を切るために必要なこと⑪
ベアグラウンドからのリカバリー

 

長谷部です。
前回はディボットからのリカバリ―方法についてお伝えしました。

↓↓↓↓↓↓↓

ゴルフで90を切るために必要なこと⑩ディボットからのリカバリー

 

ディボットに入ることはそう多くはありません。
良く入る人は運が悪いのかもしれません。
もしくは競技ゴルフによく出ている人ですね。

上手な人はだいたい同じところにボールが行くのでディボットに入る確率は高くなります。
それでも毎回のように入ることはめったにありませんので、1打損するくらいで抑えられればいいと思います。
対処方法を覚えておくといいですよ。

さて今回は
ベアグラウンドでの対処方法をお伝えします。
ベアグラウンドはその名の通り裸地です。芝の生えていないところ、少ないところです。

土がむき出しの状態ですね。
良くあるのは林の中や、がけ下、グリーン周辺です。
厄介なのはグリーン周りです。グリーン周りでベアグラウンドという状態はおもに木の下が多いですね。
冬場の枯れた芝で特に薄くなっているところもありますね。

そんなところに行ったときはどうすればいいのでしょうか?
順番通りにお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク





1.状況をよく確認する

ベアグラウンドは木の下にあることが多いですので、
クラブが振れるかをよく確認します。(木の枝、幹、根っこが邪魔しないかどうか)
クラブが振れない場合は、振れる方向へ脱出最優先です。

クラブが振れる状態でしたら、次は方向を確認します。
方向を確認するときはもちろん障害物がないかよく確認します。
特にバンカー越えなどの状況ですと球を上げる必要があるので難しくなります。
転がせるか、球を上げなければならないかをよく確認しましょう。

次に距離の確認です。
距離は落としどころまでの距離をしっかり確認します。
転がす場合も上げる場合も、どこに落とすかをよく確認します。
この時に気をつけるのは落とし所の範囲に余裕を持つことです。

ピンまでの距離を見てしまいがちですが、ピンまでの距離だとギリギリのところを狙うことが多くなります。
ギリギリのところを狙うとプレッシャーによるミスが多くなります。
目標はピンの先まで見るようにします。自分が止めたいと思う地点よりも5ヤード〜10ヤード先まではOKという感じです。

余裕が成功するコツです。

 

2.クラブ選び


クラブ選びにはまず、
落としどころからどのくらいボールが転がって止まるか
をイメージしてから、それに当てはまるクラブを選びます。

転がす場合は確実に転がさないといけないので、
AWを選択しようと思ったらPW、PWを選択しようと思ったら9番アイアンというように、
1クラブロフトの少ないクラブを選択するといいですよ。

上げる必要がある場合はSWを選択しましょう。
このあと打ち方をお伝えしますが、
ベアグラウンドからボールを上げる場合、普通に打つことは難しいです。

3.ベアグウランドの打ち方

転がす打ち方

ボールの位置を右足寄りにします。

体重は左足に7割かけてスイング中キープします。

クラブは短く持ってハンドファーストに構えます。

手首を使わずにスイングします。

上げる打ち方

ボールの位置は真ん中〜やや左足寄りにします。

フェースを開いて、オープンスタンス構えます。

スタンスに沿ってスイングします。

インパクトでグリップが緩むとソールが地面に弾かれてミスになりますので、
グリップはしっかり握ってスイングしましょう。

もちろん、AWやSWで右足寄りに置き、ハンドファーストにボールをヒットしてバンカーを越えるだけの高さを出すショットはできないことはないです。
ですがベアグラウンドでのミスで起こるのがダフるかトップするかです。
少しでもリーディングエッジがボールの手前の土に当たるとダフリます
ダフるのを嫌がって手首を少しでも起こすとトップします。
度胸も必要になります。

ですがバンカーショットは初めからダフらせる打ち方ですので、
ソールを滑らせて打てればベアグランドでも上手くボールを上げることができます。


バンカーショットやフェースを開くことに自信のない方は安全な方向へ回り道しましょう。

 

意識して練習すること

日頃からバンカーショットのように、
ソールを意識した練習をしておくことをオススメします。
もちろんベアグランドを想定した練習をするのが一番です。

ベアグラウンドの練習はベアグラウンドの打ち方を意識して
ボールをクリーンヒットすることを心がけてください。
意識して練習すればゴルフ練習場でも練習することができます。

ボールの後ろのマットにテープを張って、それを剥がさずに打つ練習をします。
ダフっているとテープが剥がれてすぐにミスしたことがわかります。
どうなるとミスするか理解して、上手くヒットする感覚を磨きます。


90を切るため
です
ら練習もレベルを高くしていきましょう。
ぜひとも練習に取り入れてくださいね!!

 

ではまた!!

 

ゴルフの悩みや質問はLINE@でも受け付け中です(^^)
長谷部道明【E3 GOLF】 LINE@

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

友だち追加していただいた方には
私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

さらに!!
E3ゴルフというゴルフレッスンサイトを始めました!!

こちらはレッスン会やレッスン会のライブ配信
長谷部のゴルフ練習ライブ配信、イベントなどゴルフを楽しむためのサイトです!!

こちらも会員募集中ですので是非一度見てみてくださいね!!

 



ゴルフ100切りプログラム 5DAYS LESSON 無料メール講座のご案内


    ゴルフ100切りプログラム 5DAYS LESSON 無料メール講座は、100切りのための練習方法と100を切るためのラウンド方法をお伝えします。

100切りに特化した練習をすることで最短でスコアを減らすことができます。 今までいくら練習してもスコアが減らなかった方は間違った練習をしているかもしれません。


ぜひ5DAYS LESSONで正しい練習方法を実践してみてください。




ゴルフ100切りプログラム
5DAYS LESSON無料メール講座 メニュー




1日目 必要なクラブに絞って練習する

2日目 100切りのための練習メニューを作成する

3日目 100切りのためのコースマネージメント

4日目 100切りを最短で達成するためのミスが激減するチェックポイント

5日目 早く100切りを達成して楽しいゴルフ人生を送る方法



最短で100切りを目指す方は必ずご確認ください!!

↓↓↓↓↓↓↓↓


ゴルフ100切りプログラム 5DAYS LESSON