ゴルフが上手くなる考え方=ゴルフ脳を育ててゴルフをレベルアップしていくコーナーです。

私は大学卒業後に一度は就職しましたが、ゴルフがしたくてわずか3か月ばかりで退職し、ゴルフ場の研修生になりました。ゴルフ場の寮に住み込み、ゴルフ場で働きながら毎日ゴルフをしていました。

そのころ良く祖父から手紙をいただきました。いつも書いてあることは励ましの言葉でした。
今読み返すと心に響く言葉ばかりですが、その当時はそのころはまだ若かったせいもあり、読んでもその場限りでした。
そのころもっとしっかり心に留めて練習に励んでいたら、、、なんてことも思いました。

 その中の一つに、「練習は本番のように、本番は練習のように」というのがありました。
当たり前のように言われる心がまえですが、研修生の頃は良くわかっていませんでした。
が、最近ようやくわかってきました。

本番で練習のようにできるかどうか

練習はいくら練習して高度な技術を得ても、本番でそれを出せなければ意味がありません。
練習場でコースを思い浮かべながら球を打ったり、ラウンドを想定して目標やクラブを変えたりして本番と同じ状況をイメージしながら練習する。
これもとても大事なことですが、もっと大事なのが
本番で練習のようにできるかどうか」ということになります。

これはどういうことかというと、ただ練習の時と同じ気持ちでというだけではありません。
練習場と同じイメージを作ることが重要です。

本番では池やOBが実際に見えていて、そこから受けるプレッシャーが練習のような気持ちでスイングさせてくれません。練習場では狭い目標に狙い撃ち出来ても、本番ではコースが狭く見えたり、池が迫って見えたりします。
そこから受けるプレッシャーによって練習のように打てなくなります。

なのでいかに本番で練習環境と同じ景色にできるかが重要になります。
池やOB、林やバンカーがそこにあっても視界に入らない、見えていない状態にすることです。

例えば練習場では池やバンカーはありませんが、池越えやバンカー越えを想定して練習します。
その時に、練習場での景色をよく覚えておくようにします。

本番では目標を見る時に練習場の風景を思い出します
練習場での目標を思い出して、本番での池やバンカーを視界から無くします。
練習場のグリーンやヤード表示、練習場の柱など思い浮かべましょう。

そうすることで不安や緊張を消し、集中力を増やします
目標と池があれば、目標のほうに意識が100%向いている状態になることです。
その結果、いつも練習しているときと同じ意識でスイングすることができます。

練習場でのスイングを本番でできるには?

では実際に練習場でのスイングを本番で行うにはどうすれば良いかというと、
目標に対し、いつも同じアドレスができるように、いつも同じルーティンができるように練習して体に覚え込ませることです。

目標に対して正しくアドレスができるとショットの精度が上がります
本番でも毎ショット正しくアドレスができたら、練習と同じスイングができるようになります。

練習で一番意識すべきポイントは?

スイング中はインパクトに集中します。

インパクトで正しくボールをヒット出来ていれば、池越えだろうがバンカー越えだろうが関係ありません。

ショットは成功していますので目標にボールを運べます。

インパクトがアバウトだから目標にボールを運べないのです。
本番を想定していても、目標に意識が向いていてもインパクトがアバウトであればミスが多くなります。

本番でも同じです。目標に対して正しくアドレスを作ること、インパクトに集中することです。
この2つに意識を向けていくことで、池やバンカーからのプレッシャーから解放され、自分のスイングができるようになっていきます。

インパクトに集中する効果的な練習方法

もちろんすぐにはできませんから、身につくまでしっかりと意識して練習してください。
習慣になれば練習と本番が同じになってきますよ。

ちなみにインパクトに集中する方法で簡単なものは、アイアンやフェアウェイウッドなら
ティーアップして打つ練習をしましょう。

ティーアップしたボールをクリーンヒットする練習です。
ティーを打ったり、トップしたりしないようにボールだけを打つことに集中しましょう。
インパクトの打感は正しくヒットしているか、ミスショットしているか、がわかりやすくなります。
やや高めのティーアップがおススメです。

ドライバーの場合は、逆にティーアップしないで打ちます。直ドラです。
ダフリ、トップが出なくなるまで繰り返すとインパクトゾーンが正しくなっていきます。
多くの方はいきなりやると大ダフリする場合がありますので、低めのティーアップで慣れていくのをオススメします。

ぜひ試してみてくださいね。