ゴルフが上手くなる考え方=ゴルフ脳を育ててゴルフをレベルアップしていくコーナーです。

読むだけでゴルフが上手くなります

 

ラウンドでスコアを一打でも少なくするにはどこを気をつけたらいいでしょうか?


OB
を打たないように?

池ポチャしないように?

バンカーに入れないように?

3パットしないように?

持ちろん全て大事なことですね。意識してできたらとっくにスコアは良くなってます。
でも意識してもOBや池、バンカーに入っちゃいますよね。

スポンサーリンク





OBや池を回避する方法

なぜかというと正しい避け方が出来ていないからなんです。

例えば右にOBがある場合、スライスしてOBに行くのが嫌だからと思って左に向いて打とうとします。
すると余計にスライスしてしまいます。
この場合、ティーグラウンドの一番右にティーアップして右サイドに向いてアドレスし、真ん中を狙って打ちます。

絶対にOBに行かないという保証はありませんが、スライスが大きくなることは避けられます。
なぜかというと右に立って右に向いている状態から真ん中を狙って打つことにより、クローズドスタンスでスイングする状態になるからです。
左にOBがあれば全く逆にします。

ミートすること

池ポチャが怖いとき、とくにショートホールの池越えなどは、何とか池を越えてやろうとしてスイングします。
その時、意識は池に向いてますので、多くは早く目線がずれて顔が上がりやすくなり、トップしたりダフったりします。

この場合、一番気をつけることはミートすることです。
最下点で正しくボールをヒットすることができれば確実に池は越えますので、インパクトに集中することが重要になります。
クラブを変えてもいいですし、スイングをコンパクトにしてもいいです。
とにかくボールを体の正面で、最下点でヒットすることに集中してください。

バンカーに入れたくない時も同じです。
越えるなら最下点でミートすることに集中し、避けるならバンカーのある位置に対して正しいアドレスの向きにすることです。
ただバンカーに行きたくないと思っているだけでは意識がバンカーに向いてしまっているので、意に反して行ってしまうことが多くなります。
それよりもセオリーを思い出し、正しい意識の向け方ができれば成功の確率が大きくアップします。

日頃から練習場でも本番を想定して練習しておくとコースでもできるようになりますので、ぜひ練習メニューに取り入れてくださいね!



ゴルフ100切りプログラム 5DAYS LESSON 無料メール講座のご案内


    ゴルフ100切りプログラム 5DAYS LESSON 無料メール講座は、100切りのための練習方法と100を切るためのラウンド方法をお伝えします。

100切りに特化した練習をすることで最短でスコアを減らすことができます。 今までいくら練習してもスコアが減らなかった方は間違った練習をしているかもしれません。


ぜひ5DAYS LESSONで正しい練習方法を実践してみてください。




ゴルフ100切りプログラム
5DAYS LESSON無料メール講座 メニュー




1日目 必要なクラブに絞って練習する

2日目 100切りのための練習メニューを作成する

3日目 100切りのためのコースマネージメント

4日目 100切りを最短で達成するためのミスが激減するチェックポイント

5日目 早く100切りを達成して楽しいゴルフ人生を送る方法



最短で100切りを目指す方は必ずご確認ください!!

↓↓↓↓↓↓↓↓


ゴルフ100切りプログラム 5DAYS LESSON