長谷部です。

 

 

ゴルフスイングの安定には

腕と体を一体にすることが必要ですが、

1つは、右手と体の一体感がとても大事です。

 

 

右手を意識しない、左手を意識してスイングしている方も

右手の管理は必要になります。

左手ばかり強調されて右手に意識が無かったら

これは体との一体を損なう恐れがあります。

 

 

右手は右手の役割がありますので

しっかり覚えておきたいですね。

では右手はどのように管理したらいいのでしょうか?

 

 

右手はまず右ひじが体の前にいることが大切です。

トップからダウンに移った時に右ひじは体の前に降りて来るのが正解ですが

右ひじが体の横についてしまう人が多くいます。

 

 

これはバックスイングの時

グリップを背中側に引っ張りすぎるのが主な原因ですが

右ひじも後ろへ回ってしまうので体の正面からずれてしまいます。

一度体の横についてしまうと戻せなくなるので

インパクトの時にずれたリリースになってしまいます。

 

 

ですので右ひじのポジションをしっかり正しい位置に

できるように身に着けたいです。

 

 

左手も意識してくださいね↓↓↓↓

左手一本で打つ練習はスイングの土台を作ります

 

 

 

 

ではどういう練習をすれば身に付くか。

簡単です。

右手一本で打ちます。

 

 

まず両手で普通にアドレスします。

そこから左手を離し、右ひじが体から離れないように右ひじあたりを

押さえます。

 

 

その状態を保ってボールを打ちます。

初めは素振りから始めましょう。

慣れてきたら小さいスイングから打っていきます。

 

 

この時、体のターンをしっかり行うのですが

右手首やグリップが緩んでいるとあたりが悪くなります。

バックスイングでできたグリップの角度を変えないように

スイングしましょう。

 

 

 

フェース面を右掌でしっかり感じ取って打つと

とてもヒットしやすくなります。

コチラを参考にしてみてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

やっていくうちにすぐ当たるようになるので

継続して練習することをお勧めします(^^)

ぼくも感覚が悪くなるとすぐにやります。

 

 

ポイントは右ひじが体の前にくること。

これを意識して行ってくださいね(^^)

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので

友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には

私の本

 

「ゴルフ上達の早道ー基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!