ゴルフが上手くなる考え方=ゴルフ脳を育ててゴルフをレベルアップしていくコーナーです。

ゴルフの上手な人とプレーすることはレッスンを受けているのと同じ

ゴルフが上手くなることの1つの要因として 上手な人とゴルフをすることがあります。

上手な人とゴルフすることは、模範のショットやアプローチ、プレー運びなどを間近で見ることができます。
それを参考にすることでレッスンを受けていることと同じにすることができます。
得ることがたくさんあります。もちろん本人にその意思があるかどうかによりますよ。

逆に下手な人や自分と同じレベルの人とプレーしていると、上達のヒントを得ることはほぼないでしょう。
自分の実力のみでプレーするだけとなりますので、参考にできることがほとんどありません。
ただし、コースから教えられることはたくさんありますので、それを生かせるかどうかが上達のカギになります。
生かすためには、日頃からゴルフの情報をたくさん取り入れておく必要があります。

ミスショットに対する意識が強くなる

また上手な人とゴルフをすることで1打の重みがわかるようになります。

ゴルフにミスはつきものですが、同伴者に自分よりも上手い人がいない場合、
ミスしても「ま、いっか」となってしまうことが多くあります。
周りも同じミスしているから自分がミスしても仕方がないと思ってしまうんですね。

ゴルフが上手な人とプレーしているとそのようなことはありません。
むしろなんでこんな簡単にミスしてしまうんだろうと思うでしょう。
自分ばかりがミスして嫌な気持ちになることもあるでしょう。
上手な人はミスしませんから。

でもこれがとても重要なことなんです。
ミスしたことをしっかりと意識しているかどうか、ミスしたことを平気で忘れてしまうかどうか。
ミスしたことを意識していれば同じミスはしたくないと思い、練習しようという気持ちになるはずです。
でもミスしたことを忘れてしまえば練習しようという気持ちは薄く、結果的に同じミスを何度も繰り返します。

ですので上手な人と一緒にゴルフすることは「ゴルフが上手くなりたい」という意識が強くなりますので、
その気持ちを持って練習することで上達が加速します。

継続していくと意識が変わります

ゴルフを最短で上手くなりたい人は、自分の周りのゴルフが上手な人一緒にプレーすることをおススメします。
周りを探してもゴルフが上手な人がいない場合は、レッスンに通ってプロと一緒にラウンドすることも良い方法です。

もちろん一度や二度ではダメですよ。
何度も一緒にプレーしていくうちに必ず自分の意識やプレーが変わりますので、継続してやってみましょう。

ちょっとした意識の変化だけでも大きな効果になりますよ。