ゴルフが上手くなる考え方=ゴルフ脳を育ててゴルフをレベルアップしていくコーナーです。

プロのスイングをまねすることで正しいスイングが理解できる

ゴルフの上達において必要な物の一つにまねるということがあります。

プロのスイングをまねる、上手な人のスイングをまねることでスイングイメージがわかってきます。
私も良くまねしました。

ゴルフを始めた当時は倉本昌弘プロのスイングをよく見てまねしましたし、
誰もがマネしたジャンボ尾崎プロ、ジャックニクラウスもまねしました。

他にもたくさんのプロをマネしましたが、マネしたことによってスイングを正しく理解したといっても過言ではありません。

スイングイメージが明確になると上達方法がわかる

とくに重要だと思ってることはスイングイメージです。

プロのスイングをまねしていると、頭の中でいつもプロのスイングをイメージできますし、
リズムや、インパクト音までイメージできるようになればスイングの全体像が出来上がってきます。
すると、プロのスイングと自分のスイングがどれだけズレているか、ということを確認することができますので、
修正ポイントや練習方法が明確になります。

僕がレッスンをしてきて思うことは、
上達の遅い人は明確なスイングのイメージが無いのではないかということです。

お手本となるスイングの全体像、体の特徴的な動き、リズムやインパクト音までイメージができないんです。
なので自分のスイングもどうなっているかがわかりません。

そして僕の説明していることの意味がわかりませんし、スイングもイメージできません。
スイングイメージができている人は、たとえ上手く当たっていなくても素振りから
「ああ、この人スイングイメージできてるな」とわかりますし、説明したことも理解できます。

スイング動画を繰り返し見て脳裏に焼き付ける

ではプロのスイングをまねるにはどうすればいいかというと、
おススメはYOUTUBEなどの動画を参考にすることです。

昔はYOUTUBEなんてありませんでしたから、TV番組をビデオに録画して何度も繰り返してみたりしていました。
僕もたくさんの録画テープを持っていましたね。研修生のころも繰り返しみてました。
まずはお手本となるスイングをしてるプロを探しましょう。
誰でもいいですが基本は自分の体格に近いプロを参考にします。

まねしたいプロが見つかったらとにかく繰り返し見てください。
気になるところはスロー再生したり、静止したりしてイメージを焼き付けます。

いろんな方向からの動画を観ればスイングイメージを掴みやすくなります。
飛球線後方から、アドレス正面から、目標方向からなど、いろいろな方向からスイングを見るうちに全体像がイメージできます。
目をつぶって自分の頭にスイングのイメージが浮かんでくれば、大分スイングが脳裏に焼き付いてきています。

そしてそのイメージ通りにスイングします。
テークバック、バックスイング、切り返しのタイミング、フィニッシュの形などイメージできたことすべてまねします。
上手くまねできるまで素振りしましょう。

とくに特徴的な部分をまねすると効果が出てきます。
アドレスの姿勢、トップの高さ、フォロースルーの高さ、フィニッシュの形などの特徴を掴んでまねしましょう。

違和感がたくさん出てくるかもしれません。
それは今までのスイングが間違っている場合がほとんどです。
違和感があるほど正しいスイングに近づいて行きますし、違和感を自分のものにした時、スイングが大きく上達しているでしょう。

ぜひお試しくださいね。