ご縁があって

「出版」

という大きな仕事をさせてもらうことができました。

 

 

僕のゴルフ人生、ゴルフレッスンの経験をもとに

ゴルフ上達の一番の近道は何かということを

考えました。

 

 

その結果出てきた答えが

基本の繰り返し練習です。

 

 

ゴルフはボールを打つのが本当に難しいです。

小さいボールを小さいクラブヘッドで打つのだから

当然なんです。

 

 

ではどうすればボールを打つという難しいことを

できるようになるのか。

 

 

それは

ハーフスイングとインパクトゾーンです。

 

 

インパクトゾーンは明確にイメージすることがとても大切です。

ですからクラブや専用スティックを置いてしっかりと覚える。

 

 

そしてハーフスイングでしっかりとスイング軌道を安定させる。

体と腕の一体感を作るのにハーフスイングが有効です。

 

 

この地味な練習をいつもコツコツとできる人が

上達の早道を進んでいけます。

 

 

いろんな練習方法にトライすることや、

たくさんのボールを打つことは必要ありません。

 

 

本書に書かれている練習方法をやっていけば

すこしづつでも上達していきます。

難しいことをする必要はありません。

 

 

それほど

基本の練習は重要です。

基本がしっかりしているからこそ

間違いがわかるというものです。

 

 

誰でも必ずミスをします。

でもそのミスの原因がわかるか

わからないかで上達のスピードが変わります。

 

 

原因がわかれば基本練習、ハーフスイングを練習すればいいんです。

日頃からやっていればすぐに調子が戻ってきます。

 

 

そして調子の波が少なくなっていきます。

このように少しづつでも上達していけば

ゴルフが楽しくなりますね(^^)

 

 

基本を繰り返してどんどん上達してくださいね!