ゴルフは考え方で上手くなる速度が変わってきます。
良い考え方なら早く上達しますし、悪い考え方なら上達が遅れる。

どうしても無理、やっぱりダメ

こういう言葉や考え方が良く出る人は、僕が見てきた中ではちょっと上達が遅れがちです。

どうしても100が切れない
やっぱり100切れなかった
やっぱりいつもと同じか~
どうしてもダボトリが出ちゃう

という感じです。

なんか諦めてる感じですよね。
できないことが前提になってしまっているみたいですよね。

これは変えたほうが良いです。

どうしても100が切れない

100を切るためにどのくらいの練習や試行錯誤をしてきたか。
100が切れない原因を追究し、足りない技術を練習し、スコアメイクを考えてプレーし、
わからなければレッスンを受けたり。

それでも100が切れなかったら、「どうしても100が切れないよ〜」と言ってください。

やっぱり100が切れなかった

これも同じく、やるべきことを全てやり尽くした結果、100が切れなかったら、
「やっぱり100切れなかった」と言ってもいいですが、
100が切れなかった原因を修正して
「次回こそ100切ろう」「ここを直せば100が切れる」というふうに前向きな思考が100切り達成につながります。

やっぱりいつもと同じだった

いつもと同じ結果になるということは、変えているようで変わっていないということです。
自分の中での変化だけでは変えているように思っても、周りから見れば変わっていないことが多いです。

「次回はこうしてみよう」「やりすぎなくらい変えてみよう」という気持ちになりましょう。

どうしてもダボトリが出てしまう

ゴルフにおいて「どうしても」はありません。
必ず結果に対する原因があります。

スライスしてOB    →→→     スライスを直せばいい、OBにならないクラブ選択、その他
バンカーで大叩き    →→→   バンカー練習、バンカーに入れないクラブ選択、その他
アプローチのミス    →→→   アプローチ練習、やさしいアプローチが残るように目標を決める、その他
3パット4パット    →→→      パット練習、グリーンの読み、グリーンのどこに乗せるか、など

言葉は結果を生みやすいので、どうしても〜とか、やっぱり〜とか言うと
諦めモードになりますし、同じ結果になりやすくなります。

それよりもなぜ同じミスをしてしまうのか、その原因を追究して「次こそは」と言う気持ちが大切です。

要するに、前向きに考えようということなんですが、
常に原因と結果を考えて次回のプレーまでに練習すること、次回やるべきプレー方法などをしっかりと考えることが重要です。

どうしてもダメなんだよ、やっぱりできない、と言うと諦めてしまっているように見えますね。

ゴルフには、もうだめということは絶対にありませんよ。
誰でも100が切れます。100切りは通過点なんです。

100が切れないのは、経験が少なく間違ったことをしているだけですから

絶対に無理、じゃなくて絶対にできると言ってください。
絶対に100切れると。

必ず100切り達成できますよ!