長谷部です。

 

 

スイングの安定感を確認するポイントの一つに

フィニッシュがしっかりできているかどうかがあります。

 

 

 

連続写真のプロのようにいつもフィニッシュが

しっかり決まるとスイングは安定します。

もちろんプロでもバランスを崩すこともあります。

僕もあります。

 

 

 

ただ練習場においてフィニッシュが取れないことは

ほとんどありません。

当然上達してから安定してフィニッシュが取れるようになったことは言うもでもありません。

 

 

 

ですが

フィニッシュを常に意識してスイングすることは

上達していく過程ではとても必要なことです。

 

 

 

ではフィニッシュを安定させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

 

まずアドレスをしっかり作ることが必要です。

安定したアドレスを作ることで安定したフィニッシュになります。

 

 

 

そしてフィニッシュで安定して立つには

左足でバランスよく立てないといけません。

 

 

 

安定したフィニッシュは左足にしっかり体重がのっていて

右足はそれを軽く支えている状態です。

体が左足の上にのっている状態です。

 

 

 

フィニッシュでバランスよく立てない方は

左足の上に体をのせることができません。

 

 

 

結果、右に体重が残りいろいろなミスショットが出ます。

左足の上に体をしっかりとのせる練習が必要です。

最適なドリルがあります。

 

 

 

簡単です。

左足一本で立ってスイングします。

 

 

 

まず両足をそろえて立ちます。

次に右足を後ろに下げます。

その体勢でアドレスして打ちます。

 

 

 

バランスのいい人はすぐに安定できると思いますが

多くの人は始めバランスを崩すと思います。

ですが何回か振っていくうちにだんだんバランス取れるようになってきます。

 

 

 

ここで解るのは前傾姿勢を保つこと

体重を母指球にのせていること

これがバランスよくスイングするコツになります。

 

 

 

こちらの動画をみてください。

↓↓↓↓↓


当然フルスイングはできませんが

ある程度の大きさにスイングします。

左足にしっかり体を乗せていればできてきます。

 

 

 

筋力の問題や体の柔軟性の問題もあります。

足に力がない人は体を支えるのが難しいですし

体の硬い人はスイングできないかもしれません。

 

 

 

ですが無理にトレーニングとか必要ないです。

この練習を根気よく続けるだけです。

ゴルフに必要なバランスと筋肉が付きますから(^^)

 

 

 

この筋肉がつくっていうのは何もモリモリすることではなくて

もともとある筋肉に新しい感覚がインプットされることです。

少しづつ柔軟性も出てくるでしょう。

ここでいう柔軟性は脱力です。

下半身に力が集中し上半身は脱力していることです。

 

 

 

このドリルを練習しているうちに

無駄な腕の動きや力みが取れてくるので

バランスが良くなっていきます。

 

 

 

継続することが大切です。

継続するから体が、筋肉が、神経が覚えてきます。

頭でわかったからもういいではないんです。

 

 

 

体で覚える

 

 

 

これが本当に身に付くということです。

ですからいつも練習しなければなりません。

どんなスポーツでも一緒ですよね?

反復練習こそが上達のコツです。

 

 

 

フィニッシュでバランスを崩す方は

ぜひこのドリルを取り入れて左足の筋力、バランス感覚を

身に着けてくださいね(^^)

 

 

ではまた!!

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には、私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!