パッティングはゴルフの中で一番難しいものです。

パッティングを極められたら最強になります。

そのくらいスコアに影響しているのがパッティングです。

 

 

初めに申しますと、僕の今のパッティングの状態は最悪です。

全然入りません、入る気がしません。

ですから今は説得力がないです。

 

 

しかし!

入るときはメチャクチャ入ります。説得力ないですが。

今は耐えてます、入る日が来ることを。

そんなもんですパッティングは。

 

 

はっきり言って3メートルや5メートルがいつもボコボコ入るわけありません。

入るときもあれば入らないときもある。

 

 

僕が悩んでいるのは1.5メートルが入らないんです。

勝負になりません。バーディも取れないしパーセーブもできない。

ただ

黙って待っていてもダメなので対策うちます。

それはまた今度お伝えします。

 

 

さてここで何が言いたいかというと

みなさんパッティングで期待しすぎです。練習もしてないのに。

10メートルのパッティングが入らない事に超がっかりしてる。そして3パットしてる。

その前のショットやアプローチが悪いことを忘れてるんです。

 

 

まあたまに入るときもあるし、狙うことは重要ですが

全てをそこに賭けてます的なリアクションは見ていてイヤです。

できればスマートにOKに寄せて楽々2パットで上がる

というふうにプレーして欲しいものです。涼しい顔して。

 

 

そしてアプローチをもっと寄せるように練習する。

できれば5メートル以内に寄せられれば1パットも狙える。

そこでアプローチが悪かったのかパッティングが悪かったのかを線引きする。

全部パッティングのせい、全部アプローチのせい、じゃないんです。

 

 

パッティングは当然距離に応じて入る確率が下がるのだから

自分が1パットを狙える距離が何メートルなのかイメージする。

そして2パットでOKの距離もしっかり決めておく。

これは全て3パットをしないため、ということはお解りいただけますよね(^^)

 

 

 

今の僕の場合では

5メートル以上は2パットでOKのレベル。ヤバ過ぎます。

せめて8メートルくらいまで伸ばさないといけない。

1メートルに不安があるから寄せたくて仕方がない。情け無い。

 

 

だからアプローチやショットでできるだけピンに寄せたい。

アプローチがいつも寄ってればパターに負担が少なくなるのだから楽になる。

 

 

アプローチはチップショットの練習、ピッチショットの練習を明確にしたほうがいいですね。

今はチップショットの練習をたくさんしたほうがパッティングにも良い効果でるはず。

 

 

ロングパットの練習ができないのもパッティングを難しくさせる理由です。

多くの人がスタート前のわずか10分くらいでしかロングパットの練習ができない。

これではなかなかロングパットの距離感を身に着けるのは難しいです。

だからラウンド前はたくさんロングパットを打ったほうがいいです。

 

 

中途半端な5〜6メートルのパットとかの練習よりも

10メートル、15メートルなどしっかり歩測して練習する。

この方が絶対にパッティングが良くなります。

あとは2メートル、1.5メートル、1メートルとショートパットを練習します。

 

 

スタート前のパッティング練習がいかに大事かはすぐに結果がでないかもしれませんが

やり続ければ必ず入るきっかけが生まれてきます。

今は説得力無いんですが(*_*)

 

 

さてまとめますね(^^)

 

 

・パッティングは1パットで狙える距離、2パットでOKな距離をしっかり把握する

・アプローチが原因なのかパッティングが原因なのかハッキリさせる

・アプローチは5メートル以内に寄せる練習をする

・スタート前のパッティング練習はロングパットをたくさん練習する

 

 

ほかにもたくさんのポイントがあるのですが

こんな感じでいつも考えていただけるとパッティングの上達マインドはOKです。

今の僕に説得力ないですが(T ^ T)

 

 

調子よくなったらまた報告しますね。

 
 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので

友だち追加お待ちしてますね(^^)

 
 

友だち追加していただいた方には

私の本

 
 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 
 

をプレゼントさせていただいてます(^^)

 
 

数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

ではまた!!