長谷部です。

 

ゴルファーの多くがドライバーをもっと飛ばしたい!という願望を持っています。しかし飛ばそうと思うほど力が入り、曲がったり、トップしたり、ダブったりして逆に飛ばなくなります。

 

それはいきなり20ヤードも30ヤードも遠くへ飛ばそうとする、いきなり250ヤードも飛ばそうとすることが原因になります。ですが、10ヤードならアップすることは可能です。

 

ドライバーの飛距離を10ヤードアップすることは難しくありません!!

 

10ヤードでも、飛ばそうと思うとつい遠くへ落ちるイメージが湧いてしまいますが、そうではありません。転がる距離が少し増えると思えばいいのです。

 

転がる距離が10ヤード増えるだけ。そこが飛距離を伸ばせるポイントです。

 

ドライバーの飛距離を10ヤードアップする方法をお伝えしますね!!

 

まずは今の状態を知ることから始めましょう!!
↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

ドライバーの飛距離を10ヤードアップする前の確認事項

 

 

まず、ドライバーの飛距離を10ヤードアップする前に確認しておくことがあります

 

 

➀球筋

 

球筋は、フックかスライスか、高いか低いかを確認します。
大きく曲がる球筋はそれだけで飛距離をロスしていることが多いので、大きなスライスやフックが出る方はまずそちらを改善しましょう。

 

高すぎる球や低すぎる球も飛距離をロスしていることが多いので、ある程度の高さになるように調整しましょう。球筋はクラブの調整でも変わりますので試してみましょう。

 

球筋を変えただけで20~30ヤードアップする可能性がありますので、必ず改善していきましょう。

 

 

➁ある程度のミートはあるか

 

芯に当たることをミートすると言いますが、ある程度の許容範囲でミートしているかどうかを確認します。

 

フェースに確認用のシールを張ったり、打感や音、球筋で判断してください。こちらもクラブ調整によって改善してくる可能性がありますので、必ず試しましょう。ミートがアップするだけで10~20ヤード飛距離が伸びてきます。

 

確認ができましたら飛距離10ヤードアップにトライしていきます!

 

 

ドライバーの飛距離を10ヤードアップする方法その③右サイドで飛ばそう

 

 

ドライバーの飛距離を10ヤードアップする方法その③は右サイドの使い方です。
右サイドは効率良くインパクトで力を出すためにとても重要です。
力むのは良くないことですが、ゆるむのも良くないことです。

 

 

右サイドを十分に回してトップを作る

 

アドレスで握った右手グリップはスイング中にゆるめないようにします。
バックスイングで充分に右サイド(右肩、右腰)を後ろ(背中)へ回しましょう
右手は右肘をからだの近くに保ちます。

 

 

右サイドでしっかりとタメを作ります

 

右手のひらはフェース面をしっかり意識しておきます。
ダウンスイングは、トップの右手首の角度をキープして体を戻していきます。
右肘は体から離れず、右手は体の近くを通ってインパクトに向かいます。

 

ダウンスイングでヘッドから戻すと、右手が体から離れるようになりアウトサイドイン軌道になりやすいです。スライスすると飛距離はロスしますし、右ひじが体から離れているとインパクトで力も出せません。

 

 

フォロースルーを大きく振り抜きます 

 

一気に上体をターンしてインパクトゾーンを通過してください。
インパクトからフォロースルーでしっかりと右腕を伸ばしましょう
練習でしっかりと右サイドを使ってくださいね^^

 

 

しっかりとボールをとらえられれば、ライバーの飛距離が10ヤードアップしているでしょう!

 

 

ドライバーの飛距離を10ヤードアップする他の方法はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓

ドライバーの飛距離を10ヤードアップする方法その➀左足のヒールアップと素早い踏み込み
ドライバーの飛距離を10ヤードアップする方法その②アッパーに振り抜く

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には僕の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)

数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

ではまた!!

 

 

ストレッチで飛距離がアップします!!
↓↓↓↓↓↓↓