ゴルフで100を切るためのポイントをお伝えしています。

 

ゴルフで100を切るためのポイント 目次

ゴルフで100を切るためのポイント①結果オーライを増やせ

ゴルフで100を切るためのポイント②打つ前の行動がとっても重要です!

ゴルフで100を切るためのポイント③シンプルなアプローチでグリーン周りを攻略する!

ゴルフで100を切るためのポイント④パッティングの練習量を増やそう!

 

今回は

【ゴルフで100を切るためのポイント③シンプルなアプローチでスコアをまとめよう!】

です!

 

 

長谷部です。

 

 

ゴルフは大きく分けると

ティーショット

セカンド、サードショット

アプローチ

パッティング

に分けられます。

 

 

その中でも一番スコアに影響するのがパッティングです。

パッティングはとても難しく

グリーンの読み方やグリーンの状態にも影響されるので

上達に時間がかかります。

これは次回にもお伝えします。

 

 

今回はシンプルなアプローチ。

シンプルなアプローチって何?って思いますよね。

転がしのことです。チップショットとも言います。

日本ではランニングアプローチとも言ったりしますね。

 

 

アプローチの中でも動きが少なく、単純な動作で打てるのが

チップショットです。

 

 

わかりやすく言えばパターと同じように打つことです。

パターはご存知の通りまっすぐにヘッドを動かすだけです。

パッティングの精度を高めるにはたくさん練習しなくてはなりませんが

パターのストロークは見た目にもそれ程難しい動作ではありませんよね。

 

 

これをグリーン周りでもやればいいんです。

打ち方自体は単純で簡単ですから少し練習すれば上手くなっていきます。

 

 

 

 

では構え方と打ち方をお伝えしますね。

 

まず構え方は

①両足を閉じて左足に体重を7割かける

②ボールの位置は右足内側の前

③クラブを短く持つ

これだけです。このアドレスをしっかり作ってください。

 

 

打ち方は

①まっすぐテークバックして

②インパクトは通過点

③フォローまでまっすぐにストローク

 

これだけです。

まっすぐに打つことが難しいと思ってても

繰り返していればすぐに覚えます。

 

 

簡単ですよね(^^)

 

 

これだけで結構グリーン周りは攻略できるのですが

大事なことも忘れないようにしておきましょう。

 

 

クラブ選択です。

クラブ選択によって寄るところと寄らないところが出てきますので

クラブ選択をできるだけ間違わないようにします。

 

 

どうするかというと

距離に応じてクラブを選びます。

ピンが遠いときには8~9アイアン

ピンが近いときはPW~AWを使います。

 

 

同じ構えでもクラブによってロフトが違うので

球の転がる量が変わってきます。

 

 

 

例えば

グリーン手前の花道から20ヤード奥のピンを狙う時は8〜9アイアン

グリーン手前の花道から10ヤード以内のピンを狙うならPW〜AW

というふうにクラブを変えます。

 

 

状況や経験によって少しずつ変わりますし

上達すればアプローチのバリエーションも増えて

選択肢が増えてきますが

基本はこのチップショットをマスターして

グリーン周りを攻略してください。

 

 

簡単、シンプルなアプローチですが

上達してからも絶対に使うアプローチです。

アプローチの基本

いや、ゴルフスイングの基本が詰まっていると言っても

過言ではありません。

 

 

 

これだけでシングルになれます。

ですから100切るのは簡単なんです(^^)

 

シンプルなアプローチで速攻100切りましょうね(^^)

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので

友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には

私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)

 

数に限りがありますのでお早めにどうぞ!