長谷部です。

 

バンカーショットは難しいと思っていますか?

 

僕はゴルフを始めてからバンカーショットが難しいと思ったことがありません。
そういうと自慢しているように聞こえてしまいますが、本当にそうなんです。

 

だからと言って全部をうまく成功するということじゃないです。
始めたころは出せないこともありましたし、今でも自分の中では失敗がたくさんあります。

 

 

ゴルフを始めたときは習ったことはなかったので、打ち方もよくわからずプレーしてました。
でも割と出せていました。

 

プロのバンカーショットとアマチュアのバンカーショット

 

プロを目指して間もなく、お世話になっていた先輩プロから

 

 

「バンカーショットの打ち方が素人だな」

 

 

と言われました。それでも出せていたんですが先輩プロからバンカーショットを習ったところ、さすがに全然違う打ち方でした。

 

 

何が違うかというと、ピンに寄せるバンカーショットか、グリーンに乗せるバンカーショットか。
もっとわかりやすく言うと、1m以内に寄せるのか、5mに寄せるのかということ。

 

 

プロになるなら1mに寄せるバンカーショットが必要です。
パーを拾わなければなりません。

 

 

でもアマチュアにとって、特に90前後のスコアくらいまでなら、バンカーショットは出すだけで十分です。いつでも出せればそれだけで80台でラウンドできるんです。
その出し方を覚えればいいんです。

 

簡単に出せます
↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

砂を飛ばすのがバンカーショット

 

どんな出し方かと申しますと、砂を飛ばす出し方です。
さて皆さんは砂を飛ばしているでしょうか?
ただ打ち込んで終わりになっていないでしょうか。すくい打ちになっていないでしょうか。

 

 

僕が難しいと思わないワケは、砂を飛ばせばいいと思っているからです。
このぐらい砂を飛ばせばこのぐらいボールも一緒に飛んでいくかな、という感じです。

 

 

バンカーショットが難しいと感じている方は、バンカーショットのインパクトがわかっていません。

ヘッドがどのように砂に入りどのように出ていくか砂がどのくらい飛んでいくか、ボールに対してどのようなインパクトをしたらいいのかよくわかっていません。

 

 

なぜか。
バンカーショットは基本的に練習量が少ないですよね。そのせいです。
砂を飛ばす感覚が身についていないからです。

 

 

砂を飛ばすことは、練習すればだれでもできます。
バンカーで練習をすればコツがつかめます。そのくらい単純なんです。

 

 

バンカーは練習すれば誰でも出せる

 

バンカーは練習するだけです。練習量を多くするだけです。ゴルフ練習場やコースのバンカー練習場を利用しましょう。

 

さてバンカーの練習方法ですが、とにかく砂を飛ばしてください
球は無くてもいいんです。とにかく砂を飛ばすこと。砂に慣れること。
ただし、一つ気をつけることがあります。

 

ハンドファーストにしないこと。

 

これだけ気をつけてあとはとにかく砂をどんどん飛ばす練習してください。
砂を飛ばせるようになれば、砂の上にボールがあればいいだけですから(^^)

 

バンカーから確実に出せるようになります。
いきなり難しいことはしないでくださいね。

 

バンカーショットのコツがつかめれば、そのあとの応用もチャレンジできますよ。

 

ではまた!!

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので

友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には

私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)

 数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

これも簡単に出せそう(^^)
↓↓↓↓↓↓↓↓