長谷部です。

 

ゴルフの調子が悪くなった
ゴルフの上達が止まってしまった
コンペがあるから早くゴルフの調子を上げたいのに・・・・

 

 

そんなゴルフのモヤモヤをワンポイントで解消する方法をお伝えしていきます。
これは長谷部道明のゴルフ経験と15年間のゴルフレッスンの経験から

 

自分が調子よくなったきっかけ
レッスン生が良くなったきっかけ

 

をお伝えするものですので、すべてのゴルファーに当てはまるものではないかもしれませんがご了承くださいね。

 

なぜゴルフの調子が安定しないのか?ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!目次

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ゴルフの調子が良くなるきっかけをお伝えします!!

 

さて今回は・・・・

 

右手の握り方についてお伝えします。

 

右手のグリップについてはしっかりと意識できているでしょうか?
僕が見てきた中でも、右手のグリップに間違ったイメージや握り方そのものが間違っている方が結構多いんですね。

 

僕自身、ゴルフを始めてから何度も右手のイメージが変わってきました。
しかし
右手のグリップが正しくイメージできたことによってスイングも変わり、ショットの安定も増してきました。とくにアマチュアの方は、右手を意識することでスイングもショットも良くなるきっかけになります。

 

球が右に飛び出す、トップやダフリが多い、当たっても飛距離が出ない、球が上がらない、スライスする、、、、

 

このような方は、これからお伝えするポイントをしっかり意識してみてくださいね。

 

 

グリップを覚えながらスイングもマスターします!

↓↓↓↓↓

 

 

 

1.右手グリップ握る強さは?

 

ゴルフを始めたばかりの頃はどうしても右手(左うちの人は左手)が強くなりやすく、
力を抜くように指摘されます
グリップの形が崩れやすくスイングも安定しないので、右手の力を抜くことによって正しいグリップの習得、正しいスイングに導くことは間違いではないです。

 

ですが右手の力を抜いてくださいと言われたほとんどの人が、逆に力を抜きすぎてグリップを安定させられなく、インパクトの当たり負けやフェースコントロールがおろそかになってしまいます。
ですので右手の握る強さは常に意識して調節しないといけません。
これはスイングの安定、インパクトの安定が増えてくるほど力を抜いても大丈夫になります。

 

むしろスイングが安定していないうちはある程度、握る強さは強めがいいです。
どのくらいの強さかは一概に決めることはできませんが目安としては

 

電車のつり革を握る強さ

 

くらいは意識して握りましょう。

 

2.右手の向きは?

 

右手のグリップはフェース面を管理します。
右手のひら、右手の中指と薬指の付け根から人差し指の第2関節にかけた位置で


フェース面をしっかり意識して握ります

これは両手で握ると意識しずらくなるので右手一本で握って練習すると覚えるのが早くなります。
次で説明します。

 

 

3.右手グリップの練習方法

 

右手一本で握る練習をしましょう。

 

右手グリップは指から握ります小指の付け根から人差し指の第2関節にかけてグリップを当てます。
指をグリップに引っ掛けるように握り、そのあと親指と人差し指の付け根を締めたままグリップの真上に置きます。

クラブの重さを感じながら素振りします。
手の中でグリップがズレないように握り、フェース面を右手で意識しながらスイングします。

 

素振りで慣れてきたら、アプローチウェッジなどで10ヤード~20ヤードの距離を飛ばすように打ってみましょう。
初めは当たりはずれが多いですが、慣れてくればボールもとらえられるようになります。
フェースの向きがボールの方向性に大きく影響しますので、グリップが弛まないようにして打ちましょうまっすぐ飛ばすことを意識します。

 

パターでも練習してみましょう。
アプローチと同じように右手でグリップして、4~5メートル打ちます。室内でしたら1~2メートルでOKです。アプローチよりも簡単にまっすぐ転がせますので、まっすぐに転がらないときはグリップが間違っていたり、弛んでいたりします。

 

4.左右のバランスをいつも意識しましょう

 

右手のグリップは正しく握ることで、とても多くの情報を与えてくれます。

 

フェースの向きを意識できる、クラブヘッドを意識できる、芯に当たる感触がわかる、右手の正しい動きがわかる・・・・
結果、距離感や方向性がアップします。

 

ただし実際にプレーするときは左手と右手の一体感、バランスが重要になります。
右手を意識して練習したのと同じ分だけ左手も意識して練習しましょう

 

 

素振りするだけでグリップしっかりして飛距離アップ↓↓↓

 

 

まとめ

 

右手を正しく握ることが大事なんですが
多くの方は右手は使ってはいけないとか、右手に力が入ってはいけないという勘違いをしています。
それによって右手のグリップがルーズになっています。

右手は殺すのではなく、正しく使うことによって正しい感覚が身についてきます
スイングの安定も早くなりやすいので、右手を意識することはとても大事ですよ。

 

右手のグリップを一度見直してみて見てはいかがでしょうか。

 

ではまた!!

 

 

 

ゴルフの悩みや質問はLINE@でも受け付け中です(^^)
長谷部道明【E3 GOLF】 LINE@
↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には
私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

さらに!!
E3ゴルフというゴルフレッスンサイトを始めました!!

 

こちらはレッスン会やレッスン会のライブ配信
長谷部のゴルフ練習ライブ配信、イベントなどゴルフを楽しむためのサイトです!!

 

こちらも会員募集中ですので是非一度見てみてくださいね!!