長谷部です。

 

 

ゴルフって調子の波が結構大きいですよね。
今日は調子がいいな~と思って喜んでいても
それほど長く続かなくて
数日後、ひどいときは次の日に調子悪くなっていたりします(^-^;

 

 

いつも調子を上げるために練習しているんですよね。

 

 

僕もティーチングプロになる前は
とにかく調子が悪くなっては良くなるように練習して
また悪くなっての繰り返しでした。

 

 

いつまでたっても安定しないんです。

 

 

でも本当に上手な人は調子の波が少ないですよね。
早く上手くなって安定したい。
それがほとんどの人の願いだと思います。

 

 

でも、他のスポーツもそうですが
調子が良くなったからといって練習をやめるわけにはかないんですよね。
調子が良い時ほど練習しないといけないんです。

 

 

スイングが良くて
「今日はビシビシ当たるな~」
というときほど練習しないと体が良い動きを覚えてくれません。

 

 

調子良くなったからもう大丈夫だ
なんて言って練習しなくなるとすぐに良い感覚を忘れてしまいます。

 

 

逆に調子が悪いときは無理に練習しないほうが良いくらいです。
悪い動きを体が覚えないためです。

 

 

それでも練習しないと上達は止まってしまいますから
頑張るしかないのです。

 

 

調子悪い時の練習ってストレスたまりますよね(^-^;
はっきり言って苦痛です。

 

 

腹は立つし、手は痛くなるし、筋肉痛になるし。

 

 

もうゴルフしたくないわ~って思うときもあります。
なるべくなら楽しく気持ちよくボールを打ちたいですよね。

 

 

でも必ず調子の波はあります。
避けられません。

 

 

とくに90台のスコアが出るようになってくると
調子の波が大きくなります。

 

 

調子悪い=当たらない=100打つ
調子良い=よく当たる=90切れる

 

 

という感じになります。10打以上違いますね。
これはなぜそうなるかというと
スイングが安定していないというのは大前提として
実は重要なポイントがあります。

 

 

読むだけで調子が良くなるゴルフ漫画?
↓↓↓↓↓↓↓

 

 

①ゴルフスイングのチェックポイントがわからない

 

ゴルフスイングの基本がわからないので
自分がどういう動きをして当たる、当たらないが
起こっているのかがわからない、ということです。

 

②感覚だけに頼ってしまっている

 

①同様にゴルフスイングの基本動作がわからないので
勢いだけのスイングだったり
インパクトにだけ意識がいってしまっているスイングだったりします。

 

③練習内容が悪い

 

練習に計画性がない、練習に課題がない、とにかく球数をたくさん打つなど
ゴルフ練習の内容に問題がある場合です。

 

 

これらのポイントに当てはまる場合は
調子の波が激しくなる傾向になると思います。

 

 

かくいう僕自身がそうでしたから(^^)

 

 

練習に明確な課題や目標がなく
一回に300球近くも打って
そのうち半分もナイスショットしない。

 

 

そんな練習をしてました。

 

 

でもティーチングプロになってゴルフスイングのことを
いろいろ考えるようになってそれも改善されていきました。

 

 

ゴルフスイングの基本的なことがわかるようになって
無駄な球は打たなくなり、良い悪いのポイントが明確になってきました。

 

 

時間がかかりました。

 

 

なので時間をかけてしっかりゴルフスイングのことを学べば
上達もするし、調子の波も小さくなっていきます。

 

 

でもそんな時間あります?
ある人は本当にやってください。
絶対に上達します。

 

 

ゴルフスイング理論を学び、良いゴルフスイングをたくさん見て
ゴルフスイングのチェックポイントをたくさんインプットします。
そしてそれを自分自身に当てはめて練習します。
たくさんの課題が出てきますのでそれを一つ一つクリアしていきます。

 

 

ノートにも書きましょう。
何度も何度も同じチェックポイントが出てくると思います。
忘れてしまうからです。

 

 

大変ですよね?
ゴルフを上達するにはそれなりの努力が必要です。

 

 

でもできるならそんなに苦労したくないですよね?
プロになるわけじゃないし(^^)

 

 

もっと簡単に上達したいですよね。
調子が悪くなったら早く良くしたいですよね。

 

 

まあほとんどの人がそうだと思います。
わかりました(^^)

 

 

ゴルフの調子が良くなるきっかけ

 

 

これをお伝えしていきます。
きっかけですから本当にワンポイントです。

 

 

調子が良くなるか良くならないかは
人それぞれですが
ゴルフの基本的なことがほとんどですので
当てはまる人はたくさんいると思います。

 

 

そのほとんどは知っていても忘れていたり
おろそかにしているポイントがほとんどです。

 

 

なんだそんなことか、と思うかもしれません。
そんなことでも意識してやると
今まで忘れていた感覚が出てくるでしょう。

 

 

本当に小さなきっかけがゴルフスイングを大きく変えたりします。
ちょっとした感覚のずれが調子を良くしていきます(悪くもします)。

 

 

これから僕が
ゴルフのレッスンや、自分のゴルフの練習やラウンドにおいて
ゴルフが調子良くなったきっかけを
ポイントでお伝えしていきます。

 

 

ゴルフの調子の悪い方や
ゴルフの上達が停滞している方は
ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

 

 

ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!

ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!①つま先の向きをスクエアにしよう!!
ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!②フェース面を管理する右手の握り方
ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!③
ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!④
ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!⑤
ゴルフの調子が良くなるきっかけ!!⑥

 

 

ゴルフの悩みや質問はコチラでも受け付け中です(^^)

↓↓↓↓↓↓↓↓

スマホの方はコチラでお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

 

 

ゴルフ上達のポイントも配信しておりますので
友だち追加お待ちしてますね(^^)

 

友だち追加していただいた方には私の本

 

「ゴルフ上達の早道―基本の繰り返しで速攻100切り!!」

 

をプレゼントさせていただいてます(^^)
数に限りがありますのでお早めにどうぞ!

 

 

ヘッドスピードアップは素振りが一番!!
↓↓↓↓↓↓↓